松本市と災害時相互応援協定を締結しました

トップページ > お知らせ > 松本市と災害時相互応援協定を締結しました

更新日:2019年02月15日

本市と長野県松本市は1月13日、災害時相互応援協定を締結しました。

どちらかの市において災害が発生した場合、食糧などの救援物資や車両の提供、職員派遣などで協力します。

また、どちらかの市が別の被災地を支援している場合、もう一方の市も支援に参加できる規定も設けました。

宗像市が県外の自治体と災害時相互応援協定を締結するのは、東京都小金井市に続いて2例目となります。

市では、今後も災害対策の充実強化を図るため、協定等の締結を行っていきます。
  • 宗像市・松本市協定締結式の画像

    締結式