宗像市木造住宅耐震改修工事費補助制度

トップページ > 防災知識と対策 > 宗像市木造住宅耐震改修工事費補助制度

更新日:2019年07月18日

市では、災害に強いまちづくりのため、木造戸建住宅に対する補助金制度を創設しています。

平成12年5月31日以前に建築確認を得て建築された木造戸建て住宅を対象に、最大60万から80万円の耐震改修補助金を交付します。

  • 受付は先着順です。申請は予算がなくなり次第、締め切ります。

制度概要

対象の住宅

  1. 宗像市内の木造戸建て住宅
  2. 平成12年5月31日以前に建築確認を得て建築されていること
  3. 耐震診断を行った結果、倒壊の恐れがあると判断されたもの(総合評点1,0未満)

対象の工事

耐震診断を行った結果に基づき、地震に対する安全性の向上を目的として行う修繕工事、又は補強工事のうち、総合評点を1,0以上にするもの。

補助金額

耐震改修工事について

耐震改修工事費の3分の2の額。ただし上限あり。

  1. 市内業者と契約した場合は上限80万円
  2. 市外業者と契約した場合は上限60万円

耐震診断について

耐震改修工事を行った場合に限り、耐震診断費の3分の1の額を補助。ただし、上限5万円。

昭和56年5月以前に建築された2階建て以下の木造戸建て住宅の場合は、「耐震診断アドバイザー制度」を利用することができます。

詳細は福岡県建築住宅センター(外部サイトにリンクします)を確認してください。

申請方法

工事着工前に申請及び市の承認が必要です。

まずはご連絡ください。

ー問い合わせ先ー

制度について

宗像市都市建設部建築課 電話番号:0940-36-5203

申請、事前の相談について

市民公益活動団体 住マイむなかた 電話番号:0940-37-2525

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。