トップページ > くらし・手続き > 届出・証明 > 戸籍 > 離婚届の手続き

離婚届の手続き

更新日:2016年10月26日

こんなとき

離婚するとき

届出期間

  • 協議による離婚の場合は、随時
  • 裁判による離婚の場合は、審判・判決の確定の日から10日以内

届出するところ

  1. 本籍地・住所地の市区町村役場
  2. 宗像市では、
    • 市役所開庁時の届出は宗像市役所、大島行政センター
    • 夜間・休日の届出は宗像市役所

届出する人

  • 協議による離婚の場合は、夫および妻
  • 裁判による離婚の場合は、申立人
    注:届出期間を過ぎると、相手方からも届出できます。

受付窓口

  1. 市役所開庁時の届出は、宗像市役所では市民課戸籍届出窓口
    注:大島行政センターは受付窓口が1箇所です。
  2. 夜間・休日の届出は警備員室
    注:夜間・休日の届出は警備員室での一時預かりとなります。

受付時間

  1. 市役所開庁時の届出は、市役所開庁日の8時30分から17時まで
  2. 夜間・休日の届出は24時間対応ですが、警備員の巡回等の理由によりすぐに受付ができない場合がありますので、ご了承ください。

届出に必要なもの

  1. 離婚届書
    注:協議離婚の場合は成年2人の証人が必要です。書き方についてご不明な点がある場合は必ずお問い合わせください。 
  2. 戸籍謄本 注:本籍地で届出する場合は不要です。
  3. 届出人の印鑑(認印で可)
  4. 裁判による離婚の場合は、裁判所からの証明書
  5. 市役所開庁時に届出の場合は、公的機関の発行した顔写真付き本人確認書類
    注:お持ちでない方は別の方法で本人確認いたします。

手続きにかかる費用

無料

ダウンロードできる書類・文書

  • 市外に本籍があり、郵送で請求する方
    郵送での戸籍謄本・抄本等交付請求書及び手順説明書

関連ファイルより、ダウンロードできます。

注意事項

  • 夫婦に未成年の子どもがいるときは、夫婦のいずれかを親権者に指定してください。なお、子どもの戸籍を異動させるには、 家庭裁判所の許可を得ての、入籍届が別途必要になります。
  • 離婚後も婚姻中の姓を引き続き使いたいときは、別の届出が必要になりますので、事前にお問い合わせください。
  • 夜間・休日に届出する場合、翌開庁日に担当職員が審査を行います。この時、届書の内容に不備がある場合は当初届 出された日に受理できないこともありますので、事前に最寄りの市区町村役場でご相談ください。
  • 本人確認について:宗像市では協議による離婚届を受け付ける際に、来庁された方の本人確認を実施しています。届出 の際には、運転免許証やパスポートなど、本人が確認できるものを持参してください。
  • 離婚後の戸籍・住民票については、交付できるようになるまでに時間がかかる場合がありますので、お問い合わせください。
  • 住所を変更される方は、住民票の異動届が別途必要になります。
  • 離婚後氏が変わった方で、市から交付物(国民健康保険証等)を受けている場合は、差替えが必要となります。
  • 離婚後氏が変わった方で、「氏」または「氏名」で印鑑登録をされている方は、印鑑登録は抹消されます。

関連する手続き

住民票・印鑑証明書・戸籍謄(抄)本
住民異動(転入・転出・転居など
国民健康保険
国民年金
関連リンクをご覧ください。

注:下記に該当する方が離婚するときは、窓口の職員に伝えてください。

  • 子ども医療に該当する子どもがいる方
  • 児童手当を受給している方
  • 小中学校に通学している子どもがいる方

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

総務部 市民課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 市民係:0940-36-1126
 国民年金係:0940-36-1128
ファクス番号:0940-34-2003

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。