トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 国民年金 > 配偶者の扶養から外れた場合の国民年金加入

配偶者の扶養から外れた場合の国民年金加入

更新日:2015年03月18日

配偶者の扶養から外れた場合の国民年金加入手続き

こんなとき

配偶者が会社を退職した場合や所得制限等の理由により、配偶者の扶養から外れて国民年金への加入をするとき

届出期間

扶養から外れて14日以内

届出する人

本人または宗像市で同一世帯の方
注:同一世帯の方が申請する場合、窓口に来庁する方の身分証明(運転免許証など)が必要です。
注:その他の方が届出する場合、委任状が必要ですのでお問い合わせください。

受付窓口

市民課年金係4番窓口

受付時間

市役所開庁日の8時30分から17時まで    

届出に必要なもの

  1. 年金手帳(基礎年金番号通知書)
  2. 配偶者の扶養から外れた日を証明するもの

注意事項

厚生年金や共済組合に加入している配偶者(第二号被保険者)に扶養されていた人が、収入増や離婚などで扶養から外れると、国民年金の種別は第三号被保険者ではなくなります。この場合、国民年金第一号被保険者の加入手続きが必要になります。

このページに関する問い合わせ先

総務部 市民課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 市民係:0940-36-1126
 国民年金係:0940-36-1128
ファクス番号:0940-34-2003

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。