トップページ > 教育・文化・スポーツ > 世界遺産登録活動 > ふるさとから世界遺産を > 世界遺産への道99 ≪郷土の資産をみんなで守ろう≫

世界遺産への道99 ≪郷土の資産をみんなで守ろう≫

更新日:2017年04月10日

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群は、5月にイコモス(国際記念物遺跡会議・ユネスコの諮問機関)の審査結果が公表され、7月にはユネスコ世界遺産委員会で、世界文化遺産登録の可否が決定されます。

これらの発表後、宗像大社辺津宮、中津宮、沖津宮遙拝所など各構成資産へ訪れる人の増加も予想されますが、ごみの散乱やいたずらなどで資産を取り巻く環境が悪化しないか定期的に点検することも求められます。そこで、「宗像・沖ノ島世界遺産市民の会」の保存管理ワーキングのメンバーと資産の見回り活動を3月に実施しました。

同構成資産を歩き、目視で資産内を点検していると、オルレコースにもなっている御嶽山の参道が、地元の人によってきれいに掃き清められいることに気付きました。みんなが気持ちよく歩けるようにと活動する地元の人々の温かい気持ちに思いをはせながら、たくさんの人に資産を訪れてもらいたいと思います。

  • 構成資産を点検するメンバーたちの画像

    構成資産を点検するメンバーたち

このページに関する問い合わせ先

経営企画部 経営企画課 世界遺産登録推進室
場所:市役所北館倉庫棟
電話番号:0940-36-9456
ファクス番号:0940-36-6912

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。