トップページ > 市政情報 > 行財政改革 > ふるさと寄附金 > ふるさと寄附金(ふるさと納税)とは

ふるさと寄附金(ふるさと納税)とは

更新日:2016年12月09日

平成20年4月に地方税法が改正され、「ふるさとに貢献したい」「ふるさとを応援したい」という思いを、「ふるさと寄附金(ふるさと納税)」という形で実現することができるようになりました。

ふるさと寄附金とは

  • 「ふるさと寄附金」とは、応援したい自治体に寄附するお金のことです。
  • 自治体に直接税金を納めるのではなく、「寄附する」ことによって、所得税や、お住まいの自治体の住民税が軽減される仕組みです。

 2

寄附するまちの選択

  • 寄附する自治体は、寄附者が自分で決めることができます。
  • 出生地や、過去に住んだことがある土地に関わらず、応援したい都道府県・市町村、どこにでも寄附することができます。

「ふるさと宗像市」を応援してください

  • 宗像市では、「海・山・川に育まれ、教育・文化と歴史がいきるコミュニティのまち宗像」という都市像を実現するために、お寄せいただいた寄附金を有効に活用させていただきます。
  • ふるさと寄附金で、「ふるさと宗像市」を応援してください。

このページに関する問い合わせ先

経営企画部 財政課
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1104
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。