トップページ > 観光・産業・まちづくり > 契約・入札情報 > 工事に関する設計等業務委託への最低制限価格制度の導入について(平成23年7月)

工事に関する設計等業務委託への最低制限価格制度の導入について(平成23年7月)

更新日:2015年03月02日

建設工事に関する設計等業務委託における低価格受注は、適正な履行を困難にし、成果品の質の低下、ひいてはそれらの成果品に基づく公共工事の品質低下を招くおそれがあることから、最低制限価格制度を導入いたします。

1 適用対象

平成23年7月1日以降の入札公告又は指名通知案件

2 適用業務

  • 測量業務
  • 建築関係の建設コンサルタント業務
  • 土木関係の建設コンサルタント業務
  • 地質調査業務
  • 補償関係コンサルタント業務

3 内容

最低制限価格の設定は、予定価格算出の基礎となった額に10分の6を乗じて得た額とする。

4 落札者の決定

予定価格の制限の範囲内の価格で、かつ、最低制限価格以上の価格をもって申込みをした者のうち、最低の価格をもって申込みをした者を落札者とする。

5 その他

最低制限価格は非公表とする。

このページに関する問い合わせ先

総務部 契約検査課
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1161
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。