メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 観光・産業・まちづくり > 契約・入札情報 > 契約締結後における請負代金内訳書の提出について

契約締結後における請負代金内訳書の提出について

更新日:2018年1月4日

契約締結後における請負代金内訳書の提出について

 
 官民を挙げた社会保険加入の徹底と、企業間の公平で健全な競争環境の構築等を図ることを目的として行われた国の公共工事標準請負契約約款の改正を踏まえ、平成30年4月1日より本市の工事契約約款の内容を一部改正いたします。これに伴い、落札業者の方には、契約締結後に、工事担当課に法定福利費を明示した請負代金内訳書を提出していただくことになります。事業者の皆様のご理解ご協力をお願いいたします。
 なお、この取扱いは平成30年4月1日以降に入札公告又は指名通知を行うものから実施いたします。
 詳細は、下記関連ファイルと国土交通省のホームページ『建設業における社会保険加入対策について』内の請負代金内訳書への法定福利費の明示に関する記載をご覧ください。

 建設業における社会保険加入対策について(国土交通省)(外部サイトにリンクします)


  

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

総務部 契約検査課
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1161
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。