トップページ > くらし・手続き > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 家庭ごみ > 燃やすごみ

燃やすごみ

更新日:2015年09月15日

燃やすごみで出せるもの

品目出し方と注意
生ごみ 生ごみ 料理くず、貝殻など
  • できるだけ堆肥化しましょう。
  • 水をよく切ります。
紙類 紙類 紙くず、紙おむつ、写真など
  • 新聞紙、雑誌、ダンボール、紙パックは、資源化しましょう。
  • シュレッダーくずなど小さなものは内袋に入れるなど飛散しないようにします。
  • 紙おむつは、汚物はトイレに流し、燃やすごみに出します。
布類 布類 綿製品、布切れ、靴下、下着、帽子、ロープなど
  • 衣類、毛布、タオルケットなどは、資源化しましょう。
  • ロープなど長いものは1メートル以内に切ります。
革製品 革製品 カバン、靴、ゴルフバックなど
  • 金具はできるだけ外します(外れなければついたままでかまいません)。
  • 旅行用カバンで、対角線で1メートルを超えるものは粗大ごみに出します。
ゴム、ビニール、プラスチック類 ゴム、ビニール、プラスチック類 長靴、CD・ケース、ビデオテープ・ケース、ホース、ビニール袋、おもちゃ、文具など
  • プラスチック製の容器・包装、ペットボトル、白色トレイは、資源化しましょう。
  • ホースなど長いものは1メートル以内に切ります。
  • 電池が入っているものは取り出します。
草木 草木 割り箸、竹串、木片、草、庭木のせん定枝・葉など
  • 竹串など鋭利なものは紙で包むなどします。
  • 草に付いている土はよく落とします。
  • せん定枝は1メートル以内に切ります(幹の直径20センチまで)。
汚れがとれない可燃性資源物 汚れがとれない可燃性資源物 中身や汚れがとれない紙パック、白色トレイ、ペットボトル、プラスチック製容器包装、新聞紙、雑誌、ダンボール、厚紙、古布
  • 液体などごみ袋からこぼれ出るおそれがある中身は、固化剤、専用吸収紙、布などを使います。
その他 その他 使い捨てカイロ、浄水器のカートリッジ、保冷剤、シップ、花火など
  •  使い残しの花火など発火する恐れがあるものは十分に湿らせます。

注:注意点を守っていないと収集できません。
注:引っ越しなどで多量にごみが出た場合は、宗像清掃工場・宗像市不燃物埋立処理場に自己搬入するか、市が許可した収集業者に直接、収集を依頼してください。

出し方

  • 家庭用燃やすごみ専用袋(黄色)に入れて、袋の口を十字に結んで出します。
  • マナーを守って収集当日の6時30分までに指定の場所に出します。
    注:収集開始は、6時30分です。
    11月から2月末日までは、7時30分まで

市指定ごみ袋の種類と料金

  • 特大袋(45リットル)10枚入 640円(税込)
  • 大袋(35リットル)10枚入 420円(税込)
  • 小袋(25リットル)10枚入 300円(税込)

市指定のごみ袋は、市内のスーパーなどの指定販売店で販売しています
下の関連リンク<販売店一覧>をご覧ください。 

特大袋大袋小袋

ポイント

  • 袋は、無理に広げたり、中にごみを入れて押しつぶしたりすると縦に裂けやすいので、注意して使用してください。
  • 片手で持てる重さにして出します。
  • せん定枝(幹の直径20センチまで)は、1メートル以内に切って15キログラムを超えないように束ねていただければ、家庭用燃やすごみ専用袋(特大)を結びつけることで出していただいてもかまいません。

ポイント

このページに関する問い合わせ先

市民協働環境部 環境課
場所:市役所西館2階
電話番号:0940-36-1421
ファクス番号:0940-36-0270

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。