メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 健康 > 体力づくり > 体力テスト

体力テスト

更新日:2018年06月14日


日ごろから運動をしている人やこれから運動を始める人、または、運動はしていないけど体力には自信がある人にオススメ!!
まずは、自分の体力をチェックしてみませんか?

宗像市が行う体力テスト

 宗像市で採用している体力測定は、文部科学省が推奨している「新体力テスト」です。安全性が高いこともあり、宗像市では、40歳以上にこのテストを適用しています。

対象者

  宗像市民 (40歳以上の人)

実施項目

  1.  握力測定
握力測定 握力は、筋力の評価です。

 握力計を用いて、左右2回ずつの最大筋力を測定し、左右それぞれの大きい値の平均で評価します。

 





 

2.  長座体前屈
 
長座体前屈 長座体前屈は、柔軟性の評価です。

 長座体前屈用の測定器を用いて、座位のままで前屈を行います。2回測定し、大きい方の値で評価します。

 







3.   10m障害物歩行
 
10m障害物歩行   10m障害物歩行は、歩行能力の評価です。
 
   10mの歩行コースを設定し、2mおきに20センチメートルの高さの障害物(スポンジ)を6か所設置し、この10mのコースをできるだけ早く歩き、その所要時間を測定します。2回測定を行い、速い方を評価します。

 






4.   開眼片足立ち 

開眼片足たち   開眼片足立ちは、バランス(平衡感覚)の評価です。
 
 測定者は、両手を腰に当て、開眼のまま片足で立ちます。最大120秒まで測定します。測定中止とされる条件は下記の3つあり、そのいずれかが生じた時点の時間を評価します。2回測定し、長い方の時間を評価します。
 ・測定中止条件
   上げた足が床面や支えている足についた場合 
   腰に当てている手が片方でも離れた場合 
   支えている脚の位置がずれてしまった場合

 


5.   上体おこし
上体おこし 上体おこしは、筋持久力の評価です。

 膝を曲げて、寝た状態から上体を起こす動作を繰り返します。
 30秒間で成し遂げられた回数を評価します。   

 


 



6.   6分間歩行

6分間歩行   6分間歩行は、持久力の評価です。
 
 1周30m以上の周回コースを設定し、5mごとに目印を置きます。
 スタートから6分分間の歩行距離を評価します。

 

 

申込手順

団体での申し込み

  1. まずは、電話もしくは、ファックスでご連絡をお願いします。

  ファックスの場合:氏名、団体名、連絡先、体力テスト希望と明記し、実施希望月の3ヶ月前までに健康課(ファクス番号0940-37-3046)にご連絡を。後日、担当者からご連絡をさせて頂き、体力テストについてのご説明をいたします。

担当者からの説明後 開催までの流れ
  1.  ルックルック講座(A-17)を申込み 
  2.  健康課に体力テスト実施依頼申請書を提出
  3.  健康課担当者と打ち合わせ(会場、開催時間、スタッフ等の確認)

個人での申し込み

 地域で開催される体力テストをご紹介します。

 

当日の流れ

  1.  受付・問診票を記入 
  2.  体重・体脂肪測定 
  3.  血圧測定 
  4.  保健師による問診 
  5.  宗像市スポーツ推進員によるADLチェック(日常生活活動テスト)
  6.  準備体操 (わかめ体操)
  7.  測定 (4種目から6種目)
  8.  4種目実施の場合:結果の返却と説明   5から6種目実施の場合:後日に結果返却と説明

 

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 健康課
場所:西館1階
電話番号:0940-36-1187
ファクス番号:0940-37-3046

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。