メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 国民健康保険 > 国民健康保険について > 国民健康保険特別会計 > 平成29年度 宗像市国民健康保険特別会計予算

平成29年度 宗像市国民健康保険特別会計予算

更新日:2017年06月15日

安定した国保事業運営を

国民健康保険(国保)は、病気やけがのときに安心して医療が受けられるよう、被保険者が保険税を出し合い、必要な保険給付費などに充てて相互に助け合う制度です。また、国保は、一会計年度を単位として収支する短期保険で、毎年度、保険給付費等歳出に見合った適正な国保税率を設定・課税し、その収入を確保することが事業運営の基本かつ前提です。

 

国保税の改定

介護納付金税率引き上げ

 国から示される介護納付金分の納付金額は前年度並みに推移するものの、介護第2号被保険者数(40から64歳)の減少に伴い、国保税収入が減少するため、国保税率を引き上げて税収を確保するものです。

 

歳入・歳出の主な増加要因

 

  • 予算内訳

 歳入の主な増加要因は、前年度と比べ、前期高齢者交付金が2億6,199万円(8.7%)、共同事業交付金が1億6,457万円(6.3%)、県支出金が3,318万円(6.0%)増えたことなどです。
歳入に占める国民健康保険税の割合は約17.3%で、大半は国、県などの支出金で賄われています(グラフ1参照)。


 歳出の主な要因は、前年度と比べて、共同事業拠出金が1億6,213万円(6.2%)、保険給付費が1億4,624万円(2.0%)増えたことなどです。歳出に占める割合が最も大きいのは保険給付費で、共同事業拠出金、後期高齢者支援金等、介護納付金となっています(グラフ2参照)。


国保税は、被保険者の保険給付費、後期高齢者支援金、介護納付金に充てられていて、国保事業の運営経費(事務員や職員の人件費、郵送代など)には一切使われていません。

  •  将来にわたって、誰もが安心して医療が受けられる制度として維持・継続していくため、ジェネリック医薬品の使用促進など、引き続き医療費適正化の取り組みにまい進していきます。市民・被保険者のみなさんの理解と協力をお願いします。

 

 

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 国保医療課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 国民健康保険係:0940-36-1363
 後期高齢者医療係:0940-36-1348
ファクス番号:0940-36-7015

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。