メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 国民健康保険 > 国保税 > 平成30年度 国民健康保険税率改定

平成30年度 国民健康保険税率改定

更新日:2018年05月07日

 国民健康保険(国保)は、病気やけがをしたときに安心して医療を受けるため、被保険者が国保税を出し合って助け合う制度です。

 国保は、一会計年度を単位として収支する短期保険で、毎年度、歳出額に応じた国保税率を見直し、適正な税率を設定することが事業運営の基本です。

 国保税は医療分、後期高齢者支援金分、介護納付金分で構成されています。今回、医療分と介護納付金分は歳入超過が見込まれるため税率を引き下げ、後期高齢者支援金分は歳入不足が見込まれることから、税率を引き上げます。

 

 今後も安定した国民健康保険制度を維持していくため、毎年度、歳出に応じて見直しを行い、適正な国保税率に改定します。国民健康保険被保険者をはじめ、市民のみなさんの理解と協力をお願いします。

 税率・税額改定の内容

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 国保医療課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 国民健康保険係:0940-36-1363
 後期高齢者医療係:0940-36-1348
ファクス番号:0940-36-7015

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。