メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 国民健康保険 > 国保税 > 国保税について > 平成31年度 国民健康保険税率改定

平成31年度 国民健康保険税率改定

更新日:2019年05月09日

国民健康保険(国保)は、安定した国民健康保険制度を維持していくため、毎年度、歳出額に応じた国保税率を見直し、適正な税率を設定しています。

 また、国保税は医療分、後期高齢者支援金分、介護納付金分で構成されています。今回、医療分と後期高齢者支援金分は歳入超過が見込まれるため税率を引き下げ、介護納付金分は歳入不足が見込まれることから、税率を引き上げます。

 


31年度税率改定表

 (*1)課税標準所得額=前年の総所得等-基礎控除額(1人当たり33万円)
 (*2)介護納付金=介護保険第2号被保険者(40から64歳)が負担するもの


 ジェネリック医薬品の使用や特定健診の受診、医療費の節約は、国民健康保険の安定した運営や加入者の負担軽減につながります。国民健康保険被保険者をはじめ、市民のみなさんの理解と協力をお願いします。

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 国保医療課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 国民健康保険係:0940-36-1363
 後期高齢者医療係:0940-36-1348
ファクス番号:0940-36-7015

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。