メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 国民健康保険 > 医療費の支出の適正化に向けて > 休日や夜間の診療は控えましょう

休日や夜間の診療は控えましょう

更新日:2015年04月01日

「夜は待ち時間が短いから」「昼間は都合が悪い」などで、安易に休日や夜間に救急医療機関を受診する人が増えています。

このままでは、緊急を要する重症患者への対応が遅れたり、本当に必要なときに救急医療機関を受診できなくなったりします。

また、時間外などの診療は医療費が高く設定されています。急病などのやむを得ない場合を除き、診療時間内に受診しましょう。

休日や夜間に子どもの容態が急変したら、まずは小児救急電話相談(#8000)をご利用ください。

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 国保医療課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 国民健康保険係:0940-36-1363
 後期高齢者医療係:0940-36-1348
ファクス番号:0940-36-7015

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。