メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 国民健康保険 > 医療費の支出の適正化に向けて > ジェネリック医薬品(後発医薬品)を利用しましょう

ジェネリック医薬品(後発医薬品)を利用しましょう

更新日:2019年01月18日

市では、宗像薬剤師会と協力して、ジェネリック医薬品を積極的に推奨しています。市内の薬局に、下の写真のようなプレートを設置しています。ぜひ、薬剤師に相談してください。
新薬より安価なジェネリック医薬品を利用し、医療費の節約をすることは、国民健康保険の安定した運営や加入者の負担軽減につながります。ジェネリック医薬品の利用にご理解とご協力をお願いします。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に販売される医薬品です。

ジェネリック医薬品

薬局に設置するプレート

ジェネリック医薬品の特徴

  • 新薬の2割から7割ほどの価格で、経済的
  • 成分と効能・効果は新薬と同等
  • 大きさや味、においや保存性が改良されているものもあり、飲みやすさの向上

ジェネリック医薬品に変えるときの3つのポイント

薬剤師に「ジェネリック医薬品にしたいのですが」と要望した上で、次のポイントをチェックしましょう。

  1. 処方された新薬の特許が切れていない場合、ジェネリック医薬品はありません。確認しましょう
  2. ジェネリック医薬品に切り替えた場合、どのくらい安くなるか、遠慮なく確認しましょう
  3. 薬局によって、処方された新薬に対するジェネリックの取り扱いがない場合や、取り寄せるための時間がかかる場合があります

処方された新薬

ここにサインがない場合は、ジェネリック医薬品に変更できます

ジェネリック医薬品希望カード

病気や体質によっては、医師の判断で、処方箋に「ジェネリック医薬品への変更不可」の欄に、医師の署名や記名・押印があり、新薬からジェネリック医薬品に変更できないこともあります。

市では、被保険者証の裏に貼ることができる「ジェネリック医薬品希望シール」を配布しています。ぜひ利用してください。

ジェネリック医薬品希望カード

保険証の裏に貼って使用できる「ジェネリック医薬品希望シール」

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 国保医療課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 国民健康保険係:0940-36-1363
 後期高齢者医療係:0940-36-1348
ファクス番号:0940-36-7015

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。