トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 国民健康保険 > 給付について > 出産育児一時金

出産育児一時金

更新日:2015年03月31日

国民健康保険の加入者が出産した場合、出産育児一時金39万円が支給されます。妊娠12週(85日)以降の出産であれば、死産流産でも支給されます。

産科医療保障制度の対象となる出産の場合は、同制度の保険料相当分が上乗せになり、42万円が支給されます。

出産した人が以前加入していた健康保険から支給される場合は、国保からの支給はありません。

平成21年10月1日より、医療機関への直接支払制度が始まりました。これにより、医療機関が被保険者等に代わって出産育児一時金の支給申請及び、受取を行います。あらかじめまとまった現金を用意した上で医療機関の窓口で出産費用を支払う経済的負担が軽減されます。

注意事項

出産育児一時金の支給額を超えた出産費用については、被保険者等が別途医療機関の窓口で支払う必要があります。

医療機関等からの請求額が出産育児一時金の支給額未満の場合は、国保医療課窓口で申請していただくことで差額を支給します。

直接支払制度を利用せず、従来どおりの方法で出産育児一時金の支給申請を行うこともできます。

医療機関への直接支払制度を利用する場合

医療機関で、出産育児一時金の申請・受取についての代理契約を締結する手続き(合意文書をかわす)をしてください。

注:以前加入していた健康保険から出産育児一時金の支給を希望される場合は、資格を喪失した元の保険者から交付された「資格喪失等を証明する書類」を医療機関に提示してください。

直接支払制度を利用し、差額が発生する場合

国保医療課窓口で出産育児一時金の差額支給申請の手続きをしてください。

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 振込み先の通帳
  • 印かん
  • 出産費用の領収明細書
  • 医療機関が発行した合意文書の写し(領収明細書に合意内容の記載がある場合は必要ありません。)

医療機関への直接支払制度を利用しない場合

国保医療課窓口で出産育児一時金の支給申請手続きをしてください。

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 振込み先の通帳
  • 印かん
  • 出産費用の領収明細書
  • 医療機関が発行した合意文書の写し(直接支払制度を利用しない旨が記載されたもの、領収明細書に合意内容の記載がある場合は必要ありません。)

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 国保医療課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 国民健康保険係:0940-36-1363
 後期高齢者医療係:0940-36-1348
ファクス番号:0940-36-7015

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。