メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 後期高齢者医療 > 保険証の交付と一部負担金の割合

保険証の交付と一部負担金の割合

更新日:2018年12月27日

保険証の交付

  • 後期高齢者医療の保険証は、一人に1枚交付されます。
  • 75歳になる人には、誕生日の前月中旬頃に郵送します。
  • 保険証は8月1日更新です。7月31日までの有効期限が記載されていますが、毎年7月中に新しい保険証をお送りします。 
  • 平成30年8月1日から平成31年7月31日までの保険証は「うす緑色」です。

一部負担金の割合

 診療を受けたときは、医療機関の窓口で総医療費の1割または3割を被保険者本人が負担します。

負担割合

現役並み所得者=3割
上記以外=1割

  • 負担割合は、その年度(4月から7月は前年度)の市民税課税所得と合計収入によって決まります。
  • 現役並み所得者(3割負担)となるのは、同一世帯の被保険者のいずれかの人の市民税課税所得が145万円以上で、かつ被保険者の収入の合計が、被保険者1人の世帯は383万円以上、被保険者が複数の世帯は520万円以上ある場合です。

詳細は、福岡県後期高齢者医療広域連合のホームページでご確認ください。(外部サイトへリンクします)

よくある質問

保険証を紛失してしまったら、どうすればいいですか?

国保医療課窓口で再交付の申請手続きをおこなってください。
(申請に必要なもの)

  • 本人の身分証明書
  • 代理で申請する場合は、上記のほか窓口に来る人の身分証明書と印鑑も必要です。

75歳になるまで夫婦二人とも宗像市の国民健康保険に加入していました。世帯主である夫が75歳になって後期高齢者医療保険に加入した場合、妻の保険はどうなりますか?

妻は、引き続き国民健康保険の被保険者となります。

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 国保医療課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 国民健康保険係:0940-36-1363
 後期高齢者医療係:0940-36-1348
ファクス番号:0940-36-7015

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。