メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 後期高齢者医療 > 受診の記録を保管しましょう

受診の記録を保管しましょう

更新日:2019年02月04日

医療費通知(医療費のお知らせ)

 後期高齢者医療制度の被保険者のみなさんへ、医療費の実情や健康に対する認識を深めていただくことを目的として、年3回(4ヶ月ごとに)福岡県後期高齢者医療広域連合から医療費通知(医療費のお知らせ)を各世帯にお届けしています。

 医療費は、被保険者のみなさんに納めていただいている保険料と国・県からの交付金等でまかなわれています。医療費通知(医療費のお知らせ)の内容を参考に、医療費負担のしくみや健康について理解を深めていただき、後期高齢者医療制度の健全な運営にご協力ください。

 また、「医療費通知(医療のお知らせ)」は、確定申告の際、医療費控除の添付資料として使用できます。
医療費控除など申告の手続きに関することは、国税庁のホームページなどでご確認いただくか、税務署へお問い合わせください。
(香椎税務署 電話番号:092-661-1031)

 医療費通知発送スケジュール

 平成30年度

  • 平成30年7月末=1月から 3月までの診療分
  • 平成30年11月末=4月から 7月までの診療分
  • 平成31年 2月末=8月から11月までの診療分

平成31年度

  • 平成31年 7月末=12月から3月までの診療分
  • 平成31年11月末=4月から 7月までの診療分
  • 平成32年 2月末=8月から11月までの診療分

 

領収書は大切に保管を

   医療機関や薬局では、医療費の内容の分かる領収書を発行しています。
領収書は、みなさんが医療費を支払った大切な証拠書類であり、確定申告において医療費控除を受ける際の添付資料として必要になります。大切に保管しましょう。

診療明細書はあなたが受けた診療内容を知ることができる大切な資料です

   医療機関や薬局では、領収書とは別に受けた診療の内容がわかる「診療明細書」を交付しています。
「診療明細書」には、初・再診、入院料、検査、投薬、注射などが、項目ごとに詳しく記載されており、どのような治療が行われたのか、また、どんなことにどれだけの医療費がかかっているのかを知ることができます。

 診療内容に疑問や不安があるときは、明細書に基づいて医師や薬剤師に具体的に質問したり、自分で調べることもできます。また、明細書を保管しておけば、初めてかかる医療機関などで、以前に受けた診療の内容を正確に伝えることができます。

 明細書の内容は、専門的でわかりにくいものですが、ご自身が受けた診療内容を確認することができる大切な資料ですので、大切に保管してください。

   なお、「診療明細書」は原則無料で交付することとなっていますが、保険請求がコンピューター化されていない一部の医療機関では有料であったり、もしくは交付できない場合があります。

 

このページに関する問い合わせ先

健康福祉部 国保医療課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 国民健康保険係:0940-36-1363
 後期高齢者医療係:0940-36-1348
ファクス番号:0940-36-7015

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。