トップページ > 市政情報 > 選挙 > 10月22日投開票【第48回衆議院議員総選挙及び第24回最高裁判所裁判官国民審査】

10月22日投開票【第48回衆議院議員総選挙及び第24回最高裁判所裁判官国民審査】

更新日:2017年10月11日

 

 

  • めいすい君家族

 

  • 投票日=10月22日(日曜日)
  • 投票時間=午前7時から午後8時(地島投票区と大島投票区は10月20日(金曜日)午前7時から午後6時に繰上投票)
  • 開票日時=10月22日(日曜日)午後9時から
  • 開票場所=宗像ユリックス・イベントホール(久原)

(市ホームページでの速報公開、開票速報テレホンサービスはありません)

 

投票できる人・できない人

 満18歳以上の日本国民で、宗像市選挙人名簿に登録されている人は、宗像市の投票所で投票することができます。

 今回の選挙人名簿に登録されている人は、平成11年10月23日以前に生まれた人で、転入の場合は、平成29年7月9日までに転入届出し、同年10月9日まで引き続き居住して住民基本台帳(住民票)に記載されている人です。

7月10日以後に転入してきた人

 平成29年7月10日以後に宗像市に転入届出した人は、宗像市の選挙人名簿には登録されませんので、宗像市の投票所では投票できません。ただし、前住所地の選挙人名簿に登録されている人は、次のいずれかの方法で投票することができます。

  • 投票日当日に、前住所地の投票所で投票する
  • 投票日前日までに、前住所地で期日前投票をする
  • 前住所地の選挙管理委員会に投票用紙の交付を請求し、投票日前日までに、交付された投票用紙を持参して、宗像市選挙管理委員会で不在者投票をする

注)短期間で何回も住所を移した人は、対象にならない場合があります。該当すると思われる人は、前住所地の選挙管理委員会に確認してください

 

 

投票所へ持っていくもの

 選挙人名簿に登録されている人に、投票所入場券(ハガキ)を郵送します。入場券(ハガキ)は、投票日や投票所を表示し、投票所での選挙人名簿照合を円滑に行うために発行しています。投票に行くときは、投票所の場所などをよく確かめ、自分の入場券を持参してください。

入場券が届かなかったか、なくした場合

 選挙人名簿に登録されていれば投票できます。あなたが居住している地域の投票所(投票日のみ)か期日前投票所の係員に申し出てください。

  • 自分の投票所が分からない場合は、市選挙管理委員会まで問い合わせを

 

投票の方法

 投票の順序は、1.小選挙区選挙 2.比例代表選挙 3.最高裁判所裁判官国民審査です。

  1. 小選挙区選挙の投票用紙には、候補者1人の氏名を記入してください
  2. 比例代表選挙の投票用紙には、政党などが届け出た名簿に記載された政党などの名称を記入してください
  3. 国民審査の投票用紙には罷免したい(やめさせたい)裁判官の氏名の上部空欄に「×」を記入してください

   余計な文字などを記入すると、投票が無効になることがあります。

  衆議院議員総選挙 候補者・名簿届出政党等情報(福岡県選挙管理委員会ホームページへのリンク)

  最高裁判所裁判官国民審査 審査対象裁判官情報(福岡県選挙管理委員会ホームページへのリンク) 


点字投票

 目の不自由な人は、点字で投票することができます。投票所の係員に申し出てください。

  • 期日前投票所でも点字投票ができます

 

 

代理投票

 投票用紙への記入が困難な人は、投票所の係員が代筆と立ち会いを行う代理投票制度があります。投票所の投票管理者が代筆での投票事由があると認めた場合に、投票立会人の意見を聞いた上で行われますので、投票所の係員に申し出てください。

  •  期日前投票所でも代理投票ができます

 

 

投票日に投票に行けない人のために

期日前投票

 投票日に仕事、入院、冠婚葬祭、旅行、レジャーなどで投票に行けない人は、次の期間に「期日前投票」をすることができます。

場所/期間

  • 市役所(北館1階・103会議室)/10月11日(水曜日)から同21日(土曜日)午前8時30分から午後8時
  • 大島行政センター・ロビー/10月15日(日曜日)から同19日(木曜日)午前8時30分から午後5時

(注)地島投票区と大島投票区の人は、市役所の期日前投票所での投票は10月19日(木曜日)まで

投票方法

 

 

  • 期日前投票

 

投票所入場券を持参してください。入場券に期日前投票宣誓書を印刷しています。入場までに記入しておいてください。

  • 入場券が手元にない場合でも、選挙人名簿に登録されていれば投票できます。係員に申し出てください

 

不在者投票

1.滞在先の市区町村での不在者投票

 選挙期間中、出張や旅行などで他の市区町村に滞在している人は、その滞在先の市区町村の選挙管理委員会で投票日前に投票ができます。その場合は、事前に宗像市選挙管理委員会に連絡し、投票用紙などを請求する必要があります。請求を受け、投票用紙などを滞在地に郵送しますので、それを持って滞在地の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票をしてください。

  • 「不在者投票請求書・宣誓書」は、市http://www.city.munakata.lg.jp/→「申請書ダウンロード」→「選挙」→「不在者投票請求書・宣誓書」からダウンロード可

2.病院など(県選挙管理委員会が指定した施設)での不在者投票

 入院中の人で歩行が困難な人は、病院長に申し出てください。

3.郵便などでの不在者投票

 体に重度の障がいがあり、投票所に行けない人は、在宅で「郵便などを使った不在者投票」をすることができます【郵便等投票の対象者】参照。こちらを利用するには、事前に「郵便等投票証明書(7年間有効)」の交付を受けることが必要です。受けていない人は、宗像市選挙管理委員会で早めに手続きをしてください。投票用紙の請求申請は、10月18日(水曜日)まで、地島と大島両投票区の人は10月16日(月曜日)までです。

  • 郵便等投票を利用する人【郵便等投票の対象者】で、自分で投票の記入をすることができない人【代理記載制度の対象者】は、代理記載制度を利用することができます。この場合、あらかじめ市選管委員長に届け出た人(選挙権を有する人に限る)が投票に関する代理記載人となることができます

【郵便等投票の対象者】

身体障害者手帳を持っている人          

  • 障がいの部位=両下肢・体幹・移動機能
    障がいの程度=1級か2級
  • 障がいの部位=心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸 
    障がいの程度=1級か3級
  • 障がいの部位=免疫・肝臓 
    障がいの程度=1級から3級

戦傷病者手帳を持っている人 

  • 障がいの部位=両下肢・体幹
    障がいの程度=特別項症から第2項症
  • 障がいの部位=心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓    
    障がいの程度=特別項症から第3項症

介護保険の被保険者証を持っている人

要介護5

 

 

【代理記載制度の対象者】

身体障害者手帳を持っている人             

  • 障がいの部位=上肢・視覚
    障がいの程度=1級

戦傷病者手帳を持っている人

  • 障がいの部位=上肢・視覚
    障がいの程度=特別項症から第2項症

 

問い合わせ先

市選挙管理委員会(総務課内)

電話番号0940-36-1375

 

 

 

各投票所略図

投票所の場所は、入場券(ハガキ)に記載しています。確認を。指定の投票所以外では投票できません。

 

 10月22日(日曜日)はプリンセス駅伝in宗像・福津が開催されるため、一部地域において交通規制が実施されます。宗像ユリックスを発着点として、12時00分スタート、14時30分ゴール予定です。ランナーが通過するまでの20分から30分の間、道路の横断等ができませんのでご注意ください。
投票所

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

選挙管理委員会事務局
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1375
ファクス番号:0940-37-1242

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。