メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 目的でさがす > 預ける > 令和2年度 保育所・認定こども園、幼稚園の4月入園のご案内

令和2年度 保育所・認定こども園、幼稚園の4月入園のご案内

更新日:2019年11月15日

 市では、保育所と認定こども園(保育利用)の申込受付を11月1日(金曜日)から開始。また、幼稚園と認定こども園(幼稚園利用)は、各園で申込受付が始まります。

申込方法などは各園によって異なりますので、下記の案内をご確認のうえ、手続きをしてください。
 
申込手続き前に事前に園を見学することで、「園の方針と少し合わないかも」というような入園後のミスマッチを防ぐことになります。見学を希望する人は、各園に問い合わせてください。

 

保育所・認定こども園・幼稚園ってどういうところ?

各施設の特徴は、以下のとおりです。


 tokutyou

 

利用できる施設は?

お子様の年齢や、ご家庭の状況によって、利用できる施設が異なります。


利用できる施設

 

保育所と認定こども園の利用について

保育所と認定こども園を利用する場合は、入園申込と、下記の3つの認定区分を受ける「認定申請」が必要です。
注)市内の私立幼稚園に通う場合は、認定申請は必要ありません。

認定区分対象となる児童利用できる主な施設
1号認定 満3歳以上で、教育利用を希望する児童 認定こども園(教育利用)
2号認定 満3歳以上で、 「保育を必要とする事由」に該当し、保育を希望する児童 保育所 認定こども園(保育利用)
3号認定 満3歳未満で、 「保育を必要とする事由」に該当し、保育を希望する児童

保育所 認定こども園(保育利用)

注)「保育を必要とする事由」とは、就労、妊娠・出産、疾病、障がい、介護・看護等です。   
  窓口にてご相談ください。

 

各施設への申込方法

各施設によって、申込方法が異なります。
入園を希望する施設の申込方法を確認し、申込してください。

保育所・認定こども園(保育利用)の申込方法

(1)書類配布開始 10月21日(月曜日)から
   注)在園中の児童で同園に継続入園を希望する方の申込については、園を通じて書類を配布します。

(2)申込受付期間 11月1日(金曜日)から11月29日(金曜日)
   
受付終了後、書類審査及び入所調整を経て、内定した方には2月の中旬ごろに通知をお送りします。
   その後、内定園にて面接・健康診断が実施され、4月1日から入園となります。
   なお、内定しなかった場合、5月以降も入所の調整を行います。
   注)入園内定後に行う園での面談や入園前検診の結果、集団保育において支援や配慮が必要と園長が判断した場合、入園できないことやnyとや入園に際する条件を求めされることがあります。
  
(3)書類配布・受付場所:子ども育成課(市役所西館1階 22番窓口)
  問い合わせ先 子ども育成課 電話番号:0940-36-3181

宗像市内保育所の一覧(別ページに移動します)はこちら
宗像市内認定こども園の一覧(別ページに移動します)はこちら

幼稚園・認定こども園(教育利用)の申込方法

11月1日(金曜日)から入園申込の受付
各園に問い合わせください。

宗像市内幼稚園の一覧(別ページに移動します)はこちら
宗像市内認定こども園の一覧(別ページに移動します)はこちら

 

保育所・認定こども園(保育利用)の入園手続き

保育が必要な事由と証明書類

保育所・認定こども園(保育利用)への入園を申し込むためには、次の【A】【B】の両方の基準を満たす必要があります。
また、事由によって、保育施設を利用できる期間が異なります。
【A】入園希望の子どもと保護者が、宗像市内に住んでいること
  注)宗像市へ転入予定の方は、必要書類と一緒に「転入確約書」+「現在の住民票」を提出してください。
    また、入園月の前月の末日までに転入手続きが完了していない場合、内定が取り消しになります。
【B】保護者が、下記の保育を必要とする事由のいずれかに該当すること
  注)保護者の「保育を必要とする事由」の証明書類は、必ず提出が必要です。

  保育を必要とする事由保育施設を利用できる期間必要な書類
1 月60時間以上就労している
(翌月の14日までに復職を予定している)
就労期間中 就業証明書・復職証明書・自営業就労申立書等
2 妊娠中、または出産から間がない 産前2か月から産後3か月まで 母子手帳の写し
3 疾病もしくは負傷
身体や精神に障がいがある
療養を必要としなくなるまで 医師の診断書・傷害者手帳等
4 同居、もしくは長期間入院等をしている親族を常時、介護・看護をしている 介護・看護を必要としなくなるまで 介護の申立書
介護・看護される人の状況がわかる書類等
5 震災・風水害・震災、その他の災害の復旧に従事している 必要な期間  
6 求職活動(起業の準備を含む)を継続的に行っている 入園から3か月
注:入園から3か月目の15日までに就業証明書の提出が必要です
求職活動の申立書
7 就学している(職業訓練校等における職業訓練を含む) 就学期間中 在学を証明できる書類(在学証明書等)
時間割がわかる書類

【全員に必要な書類】

  •  入所申込書(兼支給認定申請書)

【申込に必要な持ち物】

  •  申込書類一式
  •  世帯全員分のマイナンバーカード(個人番号カード)
  •  印鑑
  •  身分証明書(運転免許証等)


注)その他、家庭状況等により添付する書類が異なります
  窓口で聞き取りのうえ、ご案内いたしますので、必ず家庭の状況がわかる方がお越しください。
 
 [参考] 申込関係様式(一部)
2020年度 入園申込のご案内(PDF)
 就業証明書 (PDF:151KB)
復職(予定)証明書 (PDF:185KB)
自営業就労申立書 (PDF:143KB)  
入園希望園変更届出書 (PDF:138KB)  (注)平成31年度入園申込用の様式

 

保育料について

保育所・認定こども園の保育料

  • 「世帯の税額」と「子どもの年齢」「子どもの人数」などに応じ、教育・保育に要する費用の一部を、保育料として負担していただきます。
  • 保育料は、国が定める基準をもとに市が条例で定めています。


 3号認定(保育認定)の保育料(利用者負担額)

3号認定の基準額表に準じて保育料が決定します。

 注:保育料は各年度の4月1日の年齢により算定します。年度途中に誕生日を迎えても保育料は変わりません 
 

このページに関する問い合わせ先

教育子ども部 子ども育成課
場所:市役所西館1階
電話番号:0940-36-1214
ファクス番号:0940-37-3046

メールでお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。