メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 目的でさがす > 相談・サポート > 発達について > 療育施設のぞみ園

療育施設のぞみ園

更新日:2020年4月1日

のぞみ園は発達のつまづきや様々な個性を持つ就学前の子どもに、日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応を高める練習を行う通園による療育施設です。

利用者の範囲

市内在住の就学前の子ども

開園日時

月曜日から金曜日午前8時30分から午後5時

申込方

利用を希望する人は、発達支援室へ事前に相談をしてください。

定員

1日20人程度

実施場所

メイトム宗像(市民活動交流館)内「のぞみ園」

療育の目標

こんなことを「ねらい」としています

小集団や個別での遊びや保育活動・訓練を通して、さまざまな個性のある子どもたちが集団生活に慣れ、「やってみよう」の意欲と「できた」の自信を育てます。

親子で通園していただき、一緒に遊び、スキンシップを図りながら保護者にお子さんとの遊び方や接し方を知ってもらい、お子さんの「良いところ」をたくさん見つけてもらいます。

子どもが周囲の様々な環境と、よりよく関わるために必要な支援を行います。

療育の内容

グループによる指導

小集団での日常生活動作を含めた流れのある活動の中で、理解面やコミュニケ―ション面、運動面などの専門的な指導を、遊びを通して行います。 

個別による指導

 1時間の枠の中で、1対1の関わりによりお子さんの苦手さや発達のつまずきを、それぞれのお子さんに合わせて段階的に指導、支援していきます。

プール指導

アクアドームにて、専門のスタッフによりプール指導を行います。お子さんの身体的発達はもちろん、スキンシップややりとりを通して、コミュニケーション面や認知面の育ちを促し、情緒面の安定を図るとともに、余暇活動の充実をねらいとして行っています。

日課(1日の流れ)

グループ療育

午前の部

午前10時 登園
午前10時20分 朝の会
午前10時30分 乾布摩擦・リトミック
午前10時50分 排泄・手洗い
午前11時 親子での活動
午前11時40分 母子分離、保護者へのフィードバック
午前11時50分 帰りの会
午後12時 降園

午後の部

主に午後3時から4時の1時間の枠でグループ療育を実施

個別療育

午前9時~午後4時の間、1時間単位で1対1の個別療育を実施

プール指導の流れ

午前9時分 アクアドーム集合
午前9時5分 小プールで自由遊び
午前9時15分 大プールでサーキット
午前9時40分 個人練習
午前9時50分 終了 

 

年間行事

主な行事内容 主な行事内容
4月 保護者説明会 10月 個人懇談(2回目)
5月

就学相談説明会

保護者勉強会(1回目)

11月

年中児交流会
 
嘱託医健診

6月 個人懇談(1回目) 12月

保護者勉強会(3回目)

冬休み

7月 嘱託医健診

年中児交流会
1月 保護者勉強会(4回目)
8月 夏休み(お盆を含む5日間) 2月 個人懇談(3回目)
9月 保護者勉強会(2回目) 3月

卒園式

春休み

注:行事は、その年によって、多少の変更があります。

注:その他詳しいことは下記まで問い合わせをしてください。

発達支援室

電話番号:0940-36-9098
ファクス番号:0940-37-3046

のぞみ園

電話番号:0940-37-0711
ファクス番号:0940-72-6822

福祉課障害者福祉係

電話番号:0940-36-3135
ファクス番号:0940-36-5856

このページに関する問い合わせ先

宗像市子ども支援課発達支援室
電話番号:0940-36-9098
ファクス番号:0940-37-3046

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。