メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > くらし・環境 > 環境保全・温暖化対策 > 猛毒を持つ「ヒョウモンダコ」にご注意ください!

猛毒を持つ「ヒョウモンダコ」にご注意ください!

更新日:2021年03月09日

宗像市鐘崎で3月7日、ヒョウモンダコが発見されたと通報がありました。

ヒョウモンダコは体長10センチメートルほどの小さなタコ。フグと同じ猛毒「テトロドトキシン」を持ち、咬まれると吐き気や呼吸困難、最悪死に至ることがあります。
普段は目立たない褐色をしていますが、興奮状態になると青い斑点模様が浮かび上がります。

福岡県でも発見報告が増えており、本市の沿岸域にも生息している恐れがあります。
発見した際は、絶対に素手で触ったり捕まえたりせずに、福岡県水産海洋技術センターへ情報提供をお願いします。

問い合わせ先

福岡県水産海洋技術センター

電話番号:092-806-5251

宗像市環境課

電話番号:0940-36-1421

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

市民協働環境部 環境課
場所:市役所西館2階
電話番号:
 環境対策係:0940-36-1421
 資源廃棄物係:0940-36-9092
ファクス番号:0940-36-0270

メールでお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。