メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・保険・福祉・子育て > 年金・医療・介護 > 国民年金 > 産前産後期間の国民年金保険料が免除に

産前産後期間の国民年金保険料が免除に

更新日:2020年04月22日

平成31年4月から新制度スタート

 平成31年4月から同制度が始まりました。該当期間は国民年金保険料を納付したものとして、老齢基礎年金の受給額に反映されます。対象者は届出をしてください。

 対象者

第1号被保険者

  • 「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の人

(出産とは妊娠4カ月 (85日) 以上の出産(死産、流産、早産含む)のこと)



免除期間

出産予定日か出産日が属する月の前月から4カ月間
(多胎妊娠の場合は、3カ月前から6カ月間)

例(同制度施行前に出産した人の場合)

平成31年2月に出産した人→4月分保険料が免除

例(同制度施行後に出産した人の場合)

令和元年8月に出産した人→7、8、9、10月分保険料が免除


届出時期

出産予定日の6カ月前から届出ができます。また、出産後も過去に遡っていつでも届出ができます。
(平成31年2月1日以降の出産に限る)

届出に必要なもの

  • 母子健康手帳(出産前の場合)
  • 運転免許証、パスポートなど本人確認ができるもの
  • 基礎年金番号か、個人番号(マイナンバー)がわかるもの
  • 印鑑、委任状(本人が申請する場合は不要)
  • 死産等の場合は、それを証明するもの

問い合わせ先

東福岡年金事務所(福岡市東区)
電話番号: 092-651-7967
市民課国民年金係(市役所本館1階・5番窓口) 
電話番号:0940-36-1128

このページに関する問い合わせ先

総務部 市民課
場所:市役所本館1階
電話番号:
 市民係:0940-36-1126
 国民年金係:0940-36-1128
ファクス番号:0940-34-2003

メールでお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。