メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 選挙 > 10月25日(日曜日)投開票 宗像市議会議員一般選挙

10月25日(日曜日)投開票 宗像市議会議員一般選挙

更新日:2020年10月1日

 

任期満了に伴う市議会議員選挙(定員20人)が執行されます。選挙は、私たちが政治に参加する最も重要かつ基本的な機会で投票しようイラストす。私たちの代表としてふさわしい人を選ぶためには、常に政治に関心を持ち、選挙で候補者の政策などを見極めて、主権者として自覚ある一票を投じることが必要です。

 

  • 投票日:10月25日(日曜日)
  • 投票時間:午前7時から午後8時まで
    (注)地島投票区と大島投票区は10月23日(金曜日)午前7時から午後6時までに繰上投票
  • 開票日時:10月25日(日曜日)午後9時から
  • 開票場所:宗像勤労者体育センター(須恵)
  • 選挙期日の告示日:10月18日(日曜日)

 

投票できる人・できない人

満18歳以上の日本国民で、引き続き3カ月以上市に住所がある人は、市選挙人名簿に登録され、市議会議員選挙の選挙権があります。今回の選挙人名簿に登録されている人は、平成14年10月26日以前に生まれた人で、転入の場合は、令和2年7月17日までに転入届出し、引き続き居住して住民基本台帳(住民票)に記載されている人です。

  • 令和2年7月18日以降に転入届出をした人は、今回の選挙人名簿には登録されませんので、今回の市議会議員選挙には投票できません

 

投票所へ持って行くもの

選挙人名簿に登録されている人に、投票所入場券(ハガキ)を郵送します。このハガキは、投票日や投票所を表示し、投票所での選挙人名簿照合などを円滑に行うために発行しています。投票に行くときは、投票所の場所などをよく確かめ、自分の入場券を持参してください。

入場券が届かない、なくしたという場合は…

選挙人名簿に登録されていれば投票できます。居住している地域の投票所(投票日のみ)か、期日前投票所での受付時に係員にその旨を申し出てください。

  • 自分の投票所が分からない場合は、市選挙管理委員会へ問い合わせを

 

投票の方法

投票用紙に、候補者1人の氏名を記入してください。余計な文字などを記入すると、投票が無効になることがあります。

期日前投票

投票日に仕事、入院、冠婚葬祭、旅行、レジャーなどで投票所に行けない人は、次の期間に「期日前投票」をすることができます。

場所/期間

    • 市役所(北館1階・103会議室)/10月19日(月曜日)~同24日(土曜日)午前8時30分から午後8時まで
    • 大島行政センター・ロビー/10月19日(月曜日)~同22日(木曜日)午前8時30分から午後5時まで
    • 地島投票区と大島投票区の人は、市役所の期日前投票所での投票も10月22日(木曜日)まで
期日前投票所略図

 

 

 

 

 

 

 

 

投票方法

投票所入場券を持参してください。入場券に「期日前投票宣誓書」を印刷していますので、入場までに記入しておいてください

  • 投票所入場券が手元にない場合でも、選挙人名簿に登録されていれば投票できます。受付の際に係員に申し出てください

点字投票

目の不自由な人は、点字で投票することができます。投票所の係員に申し出てください。

  • 期日前投票所でも点字投票可

代理投票

投票用紙への記入が困難な人は、2人の係員が代筆と立ち会いを行う代理投票制度があります。投票所の投票管理者が代筆での投票事由があると認めた場合に、投票立会人の意見を聞いた上で行われますので、投票所の係員に申し出てください。

  • 投票管理者が定める人以外、代筆不可
  • 期日前投票所でも代理投票可

不在者投票

  1. 滞在先の市区町村での不在者投票
    選挙期間中、出張や旅行などで、他の市区町村に滞在している人は、その滞在先の市区町村の選挙管理委員会で投票できます。ただし、宗像市選挙管理委員会に投票用紙などを事前に請求する必要があります。請求を受け、投票用紙などを滞在先へ郵送しますので、それを持って最寄りの市区町村選挙管理委員会で投票日の前日までに不在者投票をしてください。
    注:「不在者投票請求書・宣誓書」は、下記関連ファイルからダウンロード可

  2. 病院など(県選挙管理委員会が指定した施設)での不在者投票
    入院中の人で歩行が困難な人は、施設の長に申し出てください。

  3. 郵便などによる不在者投票
    体に重度の障がいがあり、投票所に行けない人(表1参照)は、在宅で「郵便などを使った不在者投票」をすることができます。この投票は、事前に「郵便等投票証明書」の交付を受けることが必要です。受けていない人は、宗像市選挙管理委員会で早めに手続きをしてください。投票用紙の請求申請は、10月21日(水曜日)まで、地島投票区と大島投票区の人は、10月19日(月曜日)までです。
    注:郵便などによる不在者投票には、代理記載制度もあります。この制度の対象者は、表1に該当する人で、かつ自分で投票の記載をすることができない人として定められた人(表2に該当する人)です。この場合、あらかじめ市選管委員長に届け出た人(選挙権を有する人に限る)が投票に関する代理記載人となることができます

 

【表1】郵便等投票の対象者

対象

障がいの部位

障がいの程度

身体障害者手帳を持っている人

両下肢・体幹・移動機能

1級か2級

心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸

1級か3級

免疫・肝臓

1級~3級

戦傷病者手帳を持っている人

両下肢・体幹

特別項症~第2項症

心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓

特別項症~第3項症

介護保険の被保険者証を持っている人

要介護5

 

【表2】代理記載制度の対象者

対象

障がいの部位

障がいの程度

身体障害者手帳を持っている人

上肢・視覚

1級

戦傷病者手帳を持っている人

特別項症~第2項症

 

開票

宗像勤労者体育センター(須恵)で、10月25日(日曜日)午後9時から開始します

開票速報

  • 市ホームページ= トップページ「宗像市議会議員一般選挙」から
  • 音声案内0180-991-777

注:10月25日(日曜日)午後10時から30分ごとに情報更新予定。音声案内はPHS、IP電話からは利用不可

 

選挙運動

公職選挙法により、選挙運動は、立候補の届出が受理されたときから投票日の前日(10月24日)までの間でしか行うことができません。立候補届出前の選挙運動は禁止されています。また、選挙運動期間中であっても、選挙運動用自動車などでの連呼行為や街頭演説を行う時間帯は、午前8時から午後8時までの間に限られています。

選挙運動は、各候補者の政見、政策などを知り、一票を投じる判断の基礎となるものです。そこで、公職選挙法では選挙の公正・公平を確保するため、選挙運動でできること、できないことを細かく定めています。

選挙運動での主な禁止事項

  • 選挙運動に関する飲食物の提供(湯茶やお茶うけのお菓子を除く)
  • 選挙人の家の戸別訪問
  • 有権者による電子メールを使った選挙運動(候補者や政党などはあらかじめ電子メール送信に同意した者に対しては可能)
  • 選挙運動用のホームページや候補者から届いた電子メールなど、選挙運動用の文書を印刷して配ること
  • 18歳未満の人による選挙運動、など

 

選挙公報

選挙公報は、告示日(10月18日:日曜日)に立候補の届け出が完了した後、印刷、仕分け、配布となります。そのため、全世帯への配布までにはある程度の時間を要します。なお、10月22日(木曜日)までに届かない場合は、選挙管理委員会まで連絡をお願いします。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

選挙管理委員会事務局
場所:市役所本館2階
電話番号:0940-36-1375
ファクス番号:0940-37-1242

メールでお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。